二人の門出を祝うウェディングは今や多種多様!スタイルに合わせて選べるプランなどの基礎知識をご紹介

当サイトは二人の門出を祝うウェディングは今や多種多様となっていますので、スタイルに合わせて選べるプランなどの基礎知識をご紹介しています。
自分たちにあう、納得の結婚式をしたいカップルに役立つ可能性があるのでおすすめです。
シンプルに、挙式だけで済ませることも今の時代では増えています。
また夜景の綺麗な場所で行う夜の挙式や披露宴なども人気があります。
一生の思い出に残る素敵なイベントにするためにもぜひ参考にしてみてください。

二人の門出を祝うウェディングは今や多種多様!スタイルに合わせて選べるプランなどの基礎知識をご紹介

結婚式をしたいけれど、式場で用意されているウェディングプランには様々な種類のものがあるのでどのように選べば良いか迷うという人は多いのではないでしょうか。
式場のプランを選ぶときには、ゲストの人数や予算がポイントになるのでまずはどの程度の規模の結婚式をするのか2人で話し合って決めるのがお勧めです。
プランに含まれているものはそれぞれのウェディング会場によって異なるので、見積もりを依頼する際にはトータルの予算を確認します。

挙式と披露宴を行うスタンダードなウェディングなら両家の親族も納得

コロナ禍になってからというもの、ウェディングの形も変わってきました。
できるだけ密にならないためにも参列してもらう人数を減らしたり、家族だけのシンプルな形を選ぶ人も少なくありません。
しかし、従来ならこのような形は両家の親族は納得しないでしょう。
挙式と披露宴を行い参列者の皆様に披露するというスタンダードなウェディングを希望しているものです。
もちろん予算は膨らみ大きくなればなるほど大変ですが、両家の親族はその方が格好がついていいのです。
新郎と新婦のお二人にとっても心に残るウェディングになることは間違いありません。
現代の若者は結婚式に高額なお金を使うのは勿体無いと思っている人が多いですが、お金をたくさんかけた分思い出もたくさんありますしいいことだらけです。
挙式をして成長を見ていただき、披露宴で人柄を見ていただくということは大事です。
新しい家庭を築いていくためにもお披露目の機会をしっかりと取るようにするしましょう。

和の伝統を重んじた神前で行うウェディング

結婚式をするなら伝統の趣きが感じられる、和風のウェディングをしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
そのようなときには神前式が適している可能性が高いです。
これは神社の神殿の前でおこなうウェディングのことで、新郎側と新婦側の2つの親族が結びつくという考えが基本となっています。
このような結婚式がおこなわれるようになったのは100年ほど前のことで、皇室の慶事が発祥となりその後民間に広まりました。
神前でのウェディングは、結婚を家と家の結び付きと考える二人にピッタリです。
昔ながらの伝統的な婚礼スタイルを体験することができきっと良い機会になるでしょう。
このような神社の神殿でのウェディングをするメリットには、なかなか着る機会のない美しい和装が着られることも挙げられます。
白無垢や色打掛などは結婚式でなくては着ることがありません。
また家と家の繋がりを重視し、家族や親族しか参列できないため家族の絆が実感できるのも良いところです。

ウェディングプランナーに相談して素敵な記念日にする

これから結婚式をする予定なら、ウェディングプランナーに相談することで、二人の好みを反映した素敵な式を計画するのがおすすめです。
ウェディングプランナーは、結婚式の内容や演出などを新郎新婦の予算や要望を聞いた上でプランニングすることが仕事になっており、結婚式に必要なスタッフや会場の手配なども行って挙式や披露宴が上手く行えるようにサポートをしてくれる存在です。
結婚式を行うためにはドレスや引き出物、招待状など色々な物を準備することも必要になりますが、経験豊富なウェディングプランナーに担当してもらえれば、ノウハウを活かして提案や手配をしてくれるはずなので、忙しい新郎新婦でも自分たちの好みと予算に合う物を苦労せずに用意できることでしょう。
ウェディングプランナーは結婚式のプロデュースを行っている会社や結婚式場などに所属していることが多いので、そういった会社や利用を希望している式場に問い合わせてみると、プランナーへの相談を行うことができます。

披露宴の代わりに会食を行う方の凝らないウェディング

結婚式をするときには肩肘張ることなくリラックスして過ごせるような、落ち着いたウェディングをしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には大人数のゲストを招待して披露宴をするよりは、少人数で会食をするのが良いかもしれません。
最近では新郎新婦の身近な人たちだけを招いた、少人数でのウェディングも増えています。
家族や親族だけ、友人たちだけを招待したりすることもあります。
一般の披露宴の場合、職場の人たちを招くこともあるでしょう。
家族や親友とは異なり仕事上の付き合いのある人たちを招待するとなると、多少緊張感のあるウェディングになる可能性が高いです。
しかしそういった披露宴ではなく、気軽な雰囲気の会食ならリラックスして挙式後の食事を楽しむことができます。
最近増えている少人数ウェディングのプランなら、食事をするだけでなくケーキ入刀をはじめとした結婚式らしさのある演出を取り入れることが可能です。

著者:山辺勝

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
最近、念願のウェディングを挙げました。
ここではウェディングの基礎知識をまとめていきます。
みなとみらい ウェディング